>

手引書を見て勉強

まず自分の力は何を持っているか

不用品回収をするためにあなたはどんな力を持っているのか、それを分析しなければなりません。
例えば不用品回収するための資格は持っていますか、またそのための道具は揃っていますか。
資格がなくても回収ができるような方法はありますがお客様からの信頼関係をしっかりと結びたいのであれば資格は持っておいたほうがいいでしょう。
特に遺品整理士資格や産業廃棄物関係の資格を持っておくことが第一だと思います。
最近は資格を持っていない方が不用品を回収してしまい、その不用品を不法投棄してお金を儲けている方がたくさん増え続けていますので気をつけてください。
お客様に信頼されるような人物像となってきちんと自分の力を高めて、しっかりとした業者になることをお勧めします。

簡単に起業できるものもある

古物商許可証というものを持っていれば、不用品を回収して芸術品や宝飾品などを売ることができる方法もあるのですが、それは簡単な方法でありライバルが多いのかもしれません。
しかもタンスや電化製品などには対象になりにくいものだらけなのでそちらの方にも対象に加わりたいのであれば、警察に相談するだけでなく地域の取締りを行なっている自治体にも相談をするべきでしょう。
何故ならばその街の不用品を回収することはその街に対しての治安をしっかりと守るということを証明しなければならないのでそれなりの信頼を得るための申請を通さなければなりません。
そこから書類や必要な資格を取得してから企業をする準備ができるのです。
難しい手続きを行うほど信頼はしっかりと応えてくれます。


この記事をシェアする